ごきげん漢方川田薬局<営業案内>

ご相談方法

ごきげん漢方川田薬局での漢方相談・健康相談は、以下のような流れで進めていきます。

(1)相談カード記入より、次の判定を行う

  1. 症状の部位、性情等により、症状は、皮膚表面か、内臓部か、胃腸内部か、熱証か、寒証か(表裏内外)
  2. 抵抗力、免疫力、体力の度合い、自律神経の緊張また弛緩、全身状態等によるストレス、病気等に対する闘う反応力、 病気等の消耗時の体力、保持力等の有無、強弱(陰陽虚実)
  3. 感染症(急性症状で、病気の変化が早い)の場合は、病期を重視する。症状の出ている場所・位置だけでなく、時期・経緯を重視する。(三陰三陽)
  4. 主たる原因が体の内部からか(内因)、外部からか(外因)、飲食、生活習慣(不内外因)等によるものか

(2)改善箇所の確認

  1. 生活活動、生命活動のエネルギーである自律神経系の働き(気)栄養を運ぶ血液(血)免疫に係わるリンパ腺、組織液等の体液(水)の状態・相関関係はどうか
  2. (1)の気・血・水を作り、保持する各臓器・経絡
    【1】 五臓:肝・心・脾・肺・腎
    【2】 六腑:胆のう・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦
    【3】 経絡:肝経・心経・脾経・肺経・腎経

    の経絡の不調、バランスの調整はどうか
  3. 上記(1)(2)による改善策を作成
  4. (3)の状況より、選品、選薬を行う


(3)改善策の作成と相談

(4)改善策の作成と相談



相談内容・症例別

ごきげん漢方川田薬局では、下記のような症状でお困りの方に、店舗にて健康のご相談をお受けしております。
当店では、漢方自然療法の立場から、漢方の視点からの症状のご説明や、体質改善の為の、漢方・健康食品・薬草の用い方など、 ご案内させて頂いております。

神経の悩み頭痛・イライラ・ストレス・ノイローゼ・神経衰弱・自律神経失調症・欝
眼の疲れ・不快眼精疲労・白内障・緑内障・アレルギー性結膜炎・黄斑部変性症・ドライアイ
鼻・喉の悩み中耳炎・メニエール氏病・難聴・アレルギー性鼻炎・慢性鼻炎・蓄膿症
感冒・呼吸器系風邪、喘息、気管支炎、肋膜
胃腸の不調胃炎、胃腸虚弱、神経性の胃炎・下痢、胃潰瘍・過敏性腸症候群(過敏性大腸炎)、便秘、胃下垂、食欲不振、膵臓炎
血行と循環高血圧・低血圧、動悸・息切れ、動脈硬化、心筋梗塞、狭心症
女性と婦人の悩み生理不順、生理痛、月経困難症(PMS)、子宮筋腫、子宮内膜症、不妊症、卵巣脳腫、更年期障害、冷え症
皮膚のトラブルアトピー性皮膚炎、ニキビ、湿疹・蕁麻疹、アレルギー、シミ、そばかす
代謝関係肝臓病・糖尿病・痛風など
10泌尿器および排尿尿のトラブルなど
11メタボリック、肥満血液ドロドロ、生活習慣病など
12足腰・肩・関節の痛み足腰・肩・関節の痛み、神経痛、筋肉痛、腱鞘炎、リウマチ
13免疫の悩み膠原病、自己免疫性疾患、腫瘍

初めての方に

(1)カウンセリングの流れ

お客さまの体質・症状に合った漢方薬、薬草、健康食品、健康方法のカウン セリング及びアドバイスを行います。次のような流れです。


  1. 症状・体調カードへの記入
  2. 改善すべきところの確認
  3. 改善点の解決策
  4. 漢方薬・健康食品等の選定

概ね、個人差はありますが、 各項目に10分〜30分を要している人が多いです。
また、改善点の少ない方のカウンセリングは、短時間で終わりますが、 改善点が多く、十分なご相談が必要な方、しばしばご来店できない遠方の方は、 初回のみ、概ね2時間程度のお時間がかかっている場合が多いです。

※ カウンセリングでは、食事・生活習慣などのアドバイスもしております。
体質改善に必要な漢方薬・健康食品の種類・量は、ご相談時間と関係ありませんので、お気軽にご相談下さい。

(2)体調のご相談カード

ご来店時、または前もって、「体調のご相談カード」をお渡ししますので、 カウンセリングの前にご記入下さい。 ※ 当店のホームページ( http://genkide55.com )から 「体調のご相談カード」をプリントして、ご持参またはFAXして頂きます とご相談の流れがスムーズになります。

(3)ご相談日時の予約

ご相談日時のご予約、ご都合は、前もってご連絡下さい。

新着商品

このホームページは、当店の会員相互のホームページです。

About the owner

薬剤師:川田泰司

ごきげん漢方川田薬局のサイトをリニューアル致しました。このサイトでは、店舗でのご相談や取り扱い商品をご紹介しています。