ドクダミは、ドクダミ科ドクダミ属の多年草です。日本各地の道端や庭先、空き地に生えており、日陰の湿気の多い場所を好む性質があります。
ドクダミと呼ばれるのは、「毒矯み」から来ており、昔から毒下しとして用いられてきたのがその名の由来とする説があります。また、薬効が多方面に渡ることから、十薬(ジュウヤク)とも呼ばれています。
ドクダミは、全草に独特の強い臭気を持っており、地下茎を伸ばして蔓延ります。地上の半湿地にも、ところどころ芽を出して群生することから、しばしば雑草扱いされますが、古来より漢方薬や民間薬に繁用されてきた主要な薬草です。

どくだみの花は、初夏の5?6月頃に咲きます。白い小花のように見えますが、実際の花部分は黄色い棒状の部分で、白い花びら状のものは、総苞片(蕾を包むように葉が変形したもの)です。花期には、有効成分と言われるイソクエルシトリンが多く含まれるので、この時期に採取したものを陰干しして生薬として用います。

ドクダミの花

ドクダミの臭気成分

ドクダミの特徴である強い臭気は、アルデヒドの一種、デカノイルアセトアルデヒド、デシルアルデヒド、ラウリルアルデヒドなどの精油成分です。身体のデトックスに非常に良いと言われ、これらの薬効から「毒矯み」や「十薬」と呼ばれるようになったとも言われます。
他には、フラボノイドの一種で、茎葉に含まれるクエルシトリンや、花に含まれるイソクエルセチン、またはカリウム塩があります。これらの成分は、身体の水の流れを改善すると共に、身体を丈夫にして血の巡りを改善します。

生薬として「十薬」「魚腥草」

生薬としてのドクダミは、中薬名を魚腥草(ギョセイソウ)、和名を十薬(ジュウヤク)と言います。(中薬名の「魚腥草」の腥とは生臭いの意味を表して、ドクダミの臭気成分が名前の由来になっています。)
伝統的な分類では、性味は辛・微寒、帰経は肺(・腎・膀胱)で、体の熱を清めて、デトックスする生薬として分類されています。桔梗などと配合した十薬の漢方薬もありますが、どちらかと言えば単独で用いられることが多い生薬です。

ドクダミ

※ 以下の商品に関しては<医薬品販売部>で販売しております。(薬草・生薬「タ行」

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [4] 商品中 [1-4] 商品を表示しています
ドクダミの特集

ウチダのドクダミ (十薬・ジュウヤク) 【日本産】 500g 第3類医薬品 〈ウチダ和漢薬〉 SOLD OUT

昔から愛飲されているドクダミ(十薬)です。便秘、尿量減少、便秘に伴う吹き出物などに。


じゅうやく (十薬) 【南九州産】 200g SOLD OUT

小さなサイズ。良質・南九州産のジュウヤク。またの名を「ドクダミ」と言い、名前が示す通りの優れたデトックス成分を含みます。ヤマダ薬研の200g入りです。


じゅうやく (十薬) 【南九州産】 500g

良質・南九州産のジュウヤク。またの名を「ドクダミ」と言い、名前が示す通りの優れたデトックス成分を含みます。ヤマダ薬研の500g入りです。


ジュウヤク 【日本産】 500g

十薬は、デカノイルアセトアルデヒド、ラウリルアルデヒドなどの臭気成分を含み、そのデトックス効果は「毒矯み」(ドクダミ)と名付けられるほど。小西製薬のジュウヤク(十薬)500g入りです。



全 [4] 商品中 [1-4] 商品を表示しています

気になる症状は
ございませんか

症状と漢方薬

A.女性に多い症状

  1. 冷え症のタイプ
  2. 冷え症の原因
  3. 生理痛、生理不順
  4. 月経前緊張症(PMS)
  5. 貧血
  6. つわり(吐き気)
  7. 更年期障害
  8. 血の道症(ホルモンバランスの乱れ)
  9. おりもの

B.中高年に多い諸症状

  1. 高血圧
  2. メタボリック
  3. 血管の老化
  4. 耳鳴り、聴力の衰え
  5. 目の疲れ、かすみ目
  6. ドライアイ、ドライマウス
  7. 足腰が冷えて重だるい
  8. 頻尿(夜間頻尿)
  9. 筋力の低下
  10. 動悸
  11. もの忘れ
  12. 男性更年期障害
  13. 精力の衰えと補腎

C.子供の諸症状

  1. 緊張が強い、腹痛
  2. 小児夜尿症
  3. 神経や皮膚・粘膜が過敏
  4. かぜをひきやすい
  5. 夜泣き

D.かぜ

  1. 普通の風邪(傷寒)
  2. 流行性感冒(温病)
  3. 夏かぜ
  4. 免疫の低下
  5. 胃腸型のかぜ(吐き気、下痢)
  6. 扁桃炎

E.ダイエット

  1. メタボリック
  2. 水太り・むくみ

F.血圧や頭部の症状

  1. 低血圧
  2. 高血圧
  3. 最高血圧が高い
  4. 最低血圧が高い
  5. 頭痛・頭重
  6. 顔面痛
  7. 血管の老化

G.目

  1. 視力低下(近視・乱視・老眼)
  2. 目の病気
  3. 目のトラブル
  4. アレルギー性結膜炎

H.耳

  1. 耳鳴り・難聴
  2. 耳鳴り(メニエール)
  3. 耳のふさがり感
  4. 聴力の衰え
  5. めまい

I.鼻

  1. 鼻づまり
  2. 蓄膿症、副鼻腔炎
  3. 鼻粘膜が過敏
  4. くしゃみ・鼻水
  5. 慢性鼻炎
  6. 花粉症

J.口、のど、呼吸器

  1. 扁桃炎
  2. 口腔トラブル
  3. 風邪の後のせき
  4. 舌の痛み
  5. 気管支炎、気管支ぜんそく

K.手足、肩、腰

  1. 刺すように痛む
  2. 打撲、捻挫
  3. 冷えると痛む
  4. 肩こり、五十肩
  5. 雨の日に痛む
  6. 寝ちがえ
  7. にぶい痛み
  8. 筋肉痛
  9. 夜間に痛みがひどくなる
  10. こむらがえり
  11. 手足の冷え
  12. むくみ

L.心(精神、ストレス)

  1. イライラする
  2. 神経が高ぶる
  3. 喉に異物感がある
  4. 不眠症
  5. 憂うつ感、不安感がある

M.皮膚(肌、アレルギー)

  1. 皮膚のかゆみ
  2. あせも
  3. 熱感がある肌のかゆみ
  4. ニキビ
  5. カサカサした赤いかゆみ
  6. おでき・イボ
  7. ジュクジュクした皮膚炎
  8. シミ
  9. 湿疹
  10. しもやけ (乾燥する、かゆみが強い)
  11. 床ずれ
  12. ジンマ疹

N.胃腸

  1. 食欲不振
  2. 胸やけ
  3. 吐き気・むかつき
  4. 胃がもたれる、膨満感
  5. 食べると眠くなる
  6. 下痢
  7. 食べても太れない
  8. 二日酔い

P.排尿障害

  1. 排尿痛
  2. 尿漏れ
  3. 冷えによる頻尿
  4. 尿のにごり
  5. 残尿感
  6. 夜間頻尿

O.痔と便秘

  1. 痔(イボ痔、切れ痔)
  2. お腹が張ってスッキリしない
  3. コロコロした便
  4. 便秘
  5. 下痢

The Owner and Shop Link

薬剤師:川田泰司

大阪市住之江区北加賀屋の漢方薬局「ごきげん漢方川田薬局」のサイトをリニューアル致しました。このサイトでは、店舗でのご相談や取り扱い商品をご紹介しています。

Category

yatsume
一元製薬株式会社

建林松鶴堂

ホノミ漢方

日本薬品開発の大麦若葉の青汁はこちら

青汁の中でも抜群の有効成分を持つ大麦若葉エキス。有効成分の含有量が多く、生命力が旺盛で、味も良い大麦の若葉が、最も青汁にふさわしいという結論に至りました。アクやクセがなく、青汁にしても飲みやすい青汁です。

酵素

野菜・果物を原材料とする酵素商品が多い中、この酵素は、漢方メーカーならではの知見と素材の選択眼に基づき、主原料は旺盛な生命力を持つ野草で構成。特にヨモギは野草の中でも栄養素がとても豊富で「和製のハーブ」「ハーブの女王」とも呼ばれ、昔から身近な健康素材として民間で利用されてきました。


ニチニチ製薬・プロテサン取り扱っています。

殆どの乳酸菌は、私達の健康維持に役立つ働きをしています。そこで、どの乳酸菌が免疫力を強める力が強いか調べた結果、FK-23が一番強いことが分かりました。

大草薬品の健康食品・医薬品はこちら

大草薬品は1931年の創業以来、漢方生薬製剤を中心に、一般用医薬品メーカーとして社会に貢献してまいりました。 現在では、多くの方に弘真胃腸薬、延寿丸などをご愛用いただいております。

トノス ヒメロス取り扱っています。
Top